タグ別アーカイブ: photoshoot

Blog:パフォーミングアート、神懸かり的な美しさ

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

バンドのライブやダンス、演劇などのパフォーミングアートが持つパワー。人間のプリミティブなエネルギーが発散されるパフォーミングアートの世界を写したいと思っています。

今回撮影したのは、関西を拠点に活動するG∀LMET(ギャルメット)。ちょっとだけ激しいサウンドのガールズバンドです。

この日のライブはオーディション形式で、複数のバンドが動員とオーディエンスの投票数を競うものでした。
出演時間は20分程度。バンドが入れ替わるたびにオーディエンスも入れ替わり、客席の前方はバンドのファンが詰めかけ、すぐに黒山の人だかりになります。
私は3つも前の出演者から客席最前列に陣取って、露出や画角をチェックしました。

短い出演時間の中で、立ち位置を移動できるチャンスはおそらく1度きり。従来からのファンや新しいオーディエンスに向けて、バンドがMCするタイミング(事前に打ち合わせていません)、次の移動先も見定めておきます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

メインのカメラは、動体撮影について絶大な信頼を置いているCanon EOS7 MarkII、レンズは抜群の解像度を誇るEF24-70mm F2.8L II USMです。
サブのカメラはFUJIFILM X100T。これは場合によっては左手でレリーズして、右手のEOS7D MarkIIと同時に撮影することができます。

EOS7D MarkIIのフォーカスエリアは、1点とラージゾーンを選択できるようにしています。フォーカスモードはAI SERVO、AF-Lボタンを親指で押下している間、被写体にピントを合わせ続けてくれます。

EOS7D MarkIIのセンサーサイズはAPS-Cです。ファインダー内のほとんどの領域にフォーカスポイントが分布しており、フォーカスエリアをラージゾーンにして画面の中のどの位置にメインの被写体を置くかを決めてしまえば、メインの被写体が激しく動き回っても、構図を守りながらフォローフォーカスし続けてくれます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

ライブの撮影ではしばしば起こる状況ですが、バンドメンバーの前にマイクスタンド、ドラムセット、オーディエンスが振り上げた腕などがフレームインしてくると、そちらにピントがあってしまいます。
そうゆうときは、親指でフォーカスエリア選択レバーを倒して、フォーカスエリアを1点に切り替えます。このレバーが本当に素晴らしい!

2016年7月現在、EOS7D MarkIIより上位機種に、この機構は搭載されていません。ワンアクションでフォーカスエリアを切り替えられるこの機構、ファインダー内に広く分布したフォーカスポイント、フラッグシップに次ぐ秒間コマ数を誇るシャッター機構が、EOS 7D MarkIIが持つ動体撮影へのアドバンテージです。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

演奏が始まったら、親指でオートフォーカスを作動し続け、レンズを振り回して、最高の構図とタイミングを求めてシャッターを切り続けます。
自分の近くと遠くに同時にシャッターチャンスが訪れたときは、左手の人差し指でX100Tをレリーズします。

一瞬の演奏の隙間を使って、撮影位置を移動します。物怖じしてはいられません。何度もオーディエンスの波にもまれながら、夢中でレリーズし続けます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

歌や踊りは、古来祈祷のための神聖なものであったと思います。特別な表現力を持ったひとたちは、神を媒体するものとして讃えられ、ひとびとに神的な体験をさせるために歌い、舞ったことでしょう。

パフォーミングアートには神懸かり的な美しさがあります。筋肉の躍動と内的なパワーの発言が、ひとびとの情感にダイレクトに働きかけ、感情を揺さぶり共感覚をもたらします。
この美しいパワーをたくさん撮影したいと思っています。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photograph and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


EF24-70mm F2.8L II USM

広告

Blog:ポートレート、極彩色の夜

#Nocturnal_Flowers Model:Mona Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

青白い光と派手なグラフィティ、シャツのグラフィック、呪術的なタトゥーが織りなす異様な世界観の中に、モデルの美しい顔立ちが浮かび上がる、不思議なポートレートを撮りました。

モデルのMonaは、美しく可憐な雰囲気と、危険な雰囲気を同時に持っています。

撮影のポイントは、雑居ビルの古い蛍光管です。
偏った分光特性の照明をさらに変質させて、シャツのグラフィックや壁のグラフィティの色彩を活かしながら、現実離れした雰囲気を作りました。

仕掛けは簡単で、カメラのホワイトバランスを白熱電球に合わせて全体の色温度を下げ、モデルに色温度の高いアンバーのフィルターを付けた照明を当てています。
これによって、モデルの肌は照明の色とカメラのホワイトバランスが調和して、ナチュラルな肌色に近づきますが、背景は色温度が低く、つまり青っぽくなります。

X100Tに搭載されたフィルムシミュレーションのクラシッククロームモードが、彩度を抑えることによって、モデルの肌の色が破綻せず美しい調和を保っています。
シャドウトーンを+して、重たい黒が湿度を含んだじっとりとした空気感を演出しています。

#Nocturnal_Flowers Model:Mona Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photograph and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T

Blog:ナチュラルで透明感のあるポートレート

 

#streetstyle Model:Karin Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Kyoto,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

自然の中で、ナチュラルでリラックスした雰囲気のポートレートを撮ろうと思いました。

モデルは、透き通るような白い肌と、端整な顔立ちが魅力的なKarin。

梅雨入り前の暑い日でした。午前中から撮影を始めて、太陽が高い位置にありました。地面からの照り返しもあって、直射日光の下でもそれほど強いコントラストにはなりませんでしたが、白く美しい肌をより柔らかく見せたいと思いました。

ロケーションは、ローカル駅の周辺の町中です。背景にできるだけノイズが少なく、日光をディフューズするために、モデルに木陰に入ってもらい、レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選んで画角を狭くし、背景に写り込む範囲を限定しました。

1枚目の写真では、肌が適正な露出になるよう調整しました。2枚目の写真では更に露出を上げて、透き通る白い肌を強調しています。

背景の緑を強調して若々しい雰囲気を強調するために、ポストプロダクションで緑の輝度と彩度を持ち上げました。

モデルの魅力を活かして、リラックスした雰囲気が写せたと思います。


EF100mm F2.8L Macro IS USM

Blog:ポートレート、喧騒の中の静寂

都会の喧騒の中、そのひとの周りにだけ落ち着いた静けさがあるような、シンプルで美しいポートレートを撮りたいと思いました。

モデルは、エキゾチックで洗練された雰囲気を持つAyaka。

この日は巨大な曇り空のソフトボックスが太陽の光をディフューズし、あたり一面に均一な光を当てていました。そうすると、明暗の差によってメインの被写体と背景を分離することが難しくなります。

レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選びました。中望遠の焦点距離と、F2.8の開放F値が背景をぼかして目立たなくし、マクロレンズの精細な描写がモデルをしっかり際立たせてくれます。強力な手ブレ補正のサポートもあります。

モデルの肌を充分に明るくするため露出を上げると、同じだけ光が当たっている背景もオーバー気味になってしまいます。ポストプロダクションで彩度とコントラストを少しだけ加えました。

都会の只中でのロケーション撮影でしたが、写真には美しい静けさが写せたと思います。

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


EF100mm F2.8L Macro IS USM

Blog:X100Tの開放F2とF2.8

#portrait Model:Miyu Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Hyogo,Japan. FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

X100Tのビルドインレンズ、FUJINON23mmF2は、とても素晴らしいレンズです。歪みも周辺光量落ちも少なく、絞りの設定によって異なる表情を持っています。

絞り開放F2では、とろけるような甘いトーンです。モデルとの距離を縮めて被写界深度を浅くすると、フォーカス部分の描写も繊細で、アウトフォーカス部分は柔らかく溶けています。

#streetstyle Model:Miyu Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Hyogo,Japan. FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

一段絞ったF2.8では、描写はぐっとシャープになります。フォーカス部分はしっかりとした強い描写になり、アウトフォーカス部分も引き締まってきます。

35mmの焦点距離は少し広角寄りで、クローズアップを撮るときには被写体との距離が短くなり、被写界深度は浅くなります。被写体との距離と絞りの選択で様々な描写を楽しむことができるレンズです。

モデルは端整な顔立ちと豊かな表情が魅力的なMiyu。ストリートスナップで知り合って、撮影を重ねるたびに表現力が増していく逸材です。

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T

Blog:X100Tの墨のような黒

#portrait_noizma The place where shines the #light Model:Hachimu

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

強い日射しが描く斜めの影を活かした、荒廃とした雰囲気の、ダークなポートレートを撮りたいと思いました。

モデルはメイクアップアーティストのHachimu。

X100Tのフィルムシミュレーション:クラシッククロームを選択し、シャドウトーンを+2に設定。青毛の名馬のような美しい黒髪が表現できます。

彩度を抑えた落ち着いたカラーと、どっしり重たいシャドウの描写は、Xシリーズの魅力のひとつだと思います。

#portrait_noizam Clad in the #black. Model:Hachimu

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T

Making of portrait 20160314

street Model:Hachimu #portrait #fashion #streetphotography

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

モデルはメイクアップアーティストの八夢さん。2016年3月14日、京都にて。

この日の京都は朝から強い雨が降り、撮影の決行が危ぶまれましたが、昼には上がり、雨を気にすることなく撮影に臨むことができました。
空は厚い雲に覆われ、太陽光がかなり拡散されていましたので、コントラストの低い、又はダークトーンからハイライトまでなだらかなグラデーションを描くような環境光になることが想像されました。
モデルのスタイリングは黒中心で、白い肌と赤い唇がアクセントになっている、ハードな雰囲気です。明るく柔らかいポートレートではなく、ダークトーンを中心に、ストロボを使って人物がギラッと浮かび上がってくるようなライティングを目指しました。

ロケーションは祇園の花見小路通から2、3本外れた路地を中心に散策しました。
花見小路の華やかで賑わった雰囲気とは打って変わって、昔ながらの長屋住まいが立ち並び、すれ違うのがやっとの細くて暗い路地が続いています。
レンズは狭い路地の中で空間を広く映せるよう、広角ズームのEF16-35mmF4L IS USMをセレクトしました。
開放絞り値はそれほど大きくありませんが、ダークな雰囲気を出すためには、このレンズのシャープな描写が役に立ちます。

マンフロットナノポールの支柱を取り外し、クリップオンストロボを取り付け、お気に入りのRoundFlashDishを装着します。
ナノポールの支柱は最大長195cmです。その上に直径45cmほどのRoundFlashDishを取り付けた奇妙ものを担いで、フォトジェニックなロケーションを探して京都の裏路地をさまようのは、さながらRPGのダンジョン探索のようです。
(ちなみに後ろをついてくるモデルは、無用の長物となった傘を両手に装備しています。)
奇妙な装備のカメラマンは、しばしばお年寄りに話しかけられます!

撮影後にダークトーンを引き締めたり、ハイライトを調整したり、明瞭度や彩度をコントロールして好ましいトーンを追い込んでいくことが想定されたので、ISO100でできるだけ精細なディティールを記録することを心がけました。
絞りはF5.6、シャッタースピードは1/60。モデルはしっかりピント圏内におさめながら、背景のディティールが少し崩れ、遠近感が感じられるような設定にしました。

レンズのすぐ上にRoundFlashDishを取り付けたストロボを配置して、モデルの顔のほぼ真正面から光を当てています。モデルと照明の距離が短いので、出力は最小限で済みます。
アゴの下の影が少し強く出ていますが、円形に拡散された光が、モデルの顔の輪郭部まで回り込み、肌を美しく、目鼻立ちをシャープに描写しています。
RAW現像時に周辺光量をぐっと下げ、暗めに写した背景を、更に暗く落としています。
明瞭度を上げ、彩度を下げて全体にダークな雰囲気を出しながら、明暗別色補正でハイライトに暖色系を足して、肌の色や口紅の鮮やかさを補っています。

brog20160314-1

モデルの整った目鼻立ちとハードなスタイルに合った、美しくダークな雰囲気のポートレートに仕上げることができたと思います。
都市景観の中に溶け込んだ、こうゆう雰囲気のポートレートをもっと撮っていきたいですね!

InstagramやTwitterのようなSNSだけでなく、PhotoVogueや1X、東京カメラクラブのような審査制写真サイト、500pxのような評価制の写真サイトへ作品を提出することにご協力いただけるモデルを求めています。
ご興味おありの方は、noizma@gmail.comまでご連絡ください。

(今回使った道具)
Manfrotto ナノポール 4段ライトスタンド195cmオスダボ MS0490A
RoundFlashDish
Canon EF16-35mm F4L IS USM