タグ別アーカイブ: EF100mmF2.8L Macro IS USM

Blog:ナチュラルで透明感のあるポートレート

 

#streetstyle Model:Karin Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Kyoto,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

自然の中で、ナチュラルでリラックスした雰囲気のポートレートを撮ろうと思いました。

モデルは、透き通るような白い肌と、端整な顔立ちが魅力的なKarin。

梅雨入り前の暑い日でした。午前中から撮影を始めて、太陽が高い位置にありました。地面からの照り返しもあって、直射日光の下でもそれほど強いコントラストにはなりませんでしたが、白く美しい肌をより柔らかく見せたいと思いました。

ロケーションは、ローカル駅の周辺の町中です。背景にできるだけノイズが少なく、日光をディフューズするために、モデルに木陰に入ってもらい、レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選んで画角を狭くし、背景に写り込む範囲を限定しました。

1枚目の写真では、肌が適正な露出になるよう調整しました。2枚目の写真では更に露出を上げて、透き通る白い肌を強調しています。

背景の緑を強調して若々しい雰囲気を強調するために、ポストプロダクションで緑の輝度と彩度を持ち上げました。

モデルの魅力を活かして、リラックスした雰囲気が写せたと思います。


EF100mm F2.8L Macro IS USM

Blog:ポートレート、喧騒の中の静寂

#streetstyle Model:Ayaka Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan. EF100mmF2.8L Macro IS USM

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

都会の喧騒の中、そのひとの周りにだけ落ち着いた静けさがあるような、シンプルで美しいポートレートを撮りたいと思いました。

モデルは、エキゾチックで洗練された雰囲気を持つAyaka。

この日は巨大な曇り空のソフトボックスが太陽の光をディフューズし、あたり一面に均一な光を当てていました。そうすると、明暗の差によってメインの被写体と背景を分離することが難しくなります。

レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選びました。中望遠の焦点距離と、F2.8の開放F値が背景をぼかして目立たなくし、マクロレンズの精細な描写がモデルをしっかり際立たせてくれます。強力な手ブレ補正のサポートもあります。

モデルの肌を充分に明るくするため露出を上げると、同じだけ光が当たっている背景もオーバー気味になってしまいます。ポストプロダクションで彩度とコントラストを少しだけ加えました。

都会の只中でのロケーション撮影でしたが、写真には美しい静けさが写せたと思います。

#streetstyle Model:Ayaka Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan. EF100mmF2.8L Macro IS USM

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


EF100mm F2.8L Macro IS USM