カテゴリー別アーカイブ: Photo

blog:本のあるところに人が来てもらうのではなく、人のいるところへ本を持っていく。

2016年10月6日、JR京都駅のすぐそばにオープンした、ワコールスタディホール京都に行ってきました。

同ホールは女性用下着などで知られるワコールが設置するスクール、ライブラリー、コワーキングスペース、ギャラリー等からなる複合型文化施設で、美的好奇心を刺激して、感性・知性の面からも女性に美しくなってもらうことを目指して作られたそうです。

この日は、オープン初日の夜の公演である「新しい本のトビラを開く ~ワコールスタディホール京都の、ぐっとくる20冊~」に参加してきました。

講師は、ワコールスタディホール京都のライブラリーの選書を担当した、有限会社BACH代表・幅允孝氏です。
お話の前半は、幅氏の仕事について、ワコールスタディホール京都のライブラリーのコンセプトなどについてお話しいただき、後半はライブラリーの中から幅氏のお気に入りの20冊をピックアップして紹介いただく内容でした。

後半では色々な面白い本、読んでみたくなる本をたくさんご紹介いただき、もちろん楽しかったのですが、前半の幅氏のお仕事の話は更に興味深く勉強になる内容でした。

僕がこの公演に参加したのは、写真集というもの、つまりブック形式での写真の見せ方についてきっと学べることがあるだろうと期待してのことでした。

前半のお話の中では、幅氏が書店員時代に担当コーナーの本が売れるために工夫したこと、Amazonが台頭する中で、いかに書店に来てもらうか、滞留時間を長くするか、本を手にとってもらうか、本に興味が無い人が、本に出会うきっかけをどのように作り出すのか、など、「本」をそのまま「写真」に置き換えて学べる大変有意義なお話でした。
テキストにしても写真にしても、今ではどのような端末で表示しても適切に表示されるような柔軟性が与えられ、その外形と言うか、モノらしさが大変希薄になっていると思いますが、それは情報としての純度と引き換えに、五感で体験する知や美というものを失うことと言えると思います。

ひとびとはいつでもどこでも情報を検索し利用することができますが、反面既知のものしか買わないという現象が起こっています。それはつまり、購買行為の中から「出会い」や「体験」という要素が抜け落ちてしまっているということでは無いでしょうか。

誰もが時間に追われている(と思い込んでいる)現代社会の中で、本が好きなひとにも本に興味の無い人にも、これまで知らなかった面白い本に出会い、手に取り、ページをめくり、購入を決意するという体験を生み出すために、いかに滞留時間を作り出すか。これは大変興味深いテーマです。

お話は予定時間を超えて盛り上がり、最後は参加者が皆紹介された本を手にとって体験しました。

幅氏のお話は大変面白く、紹介された本も興味深いものばかり、そしてワコールスタディホールの洗練された学習空間も大変居心地のよい、美的好奇心をくすぐるものでした。

写真に置き換えて考えますと、一方では誰もが気軽に写真体験ができるようになりました。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のカメラ、コンデジ、ミラーレス、一眼レフと呼ばれるような高価なカメラを持っているひとはたくさんいます。昔のように難しいフィルムを扱う必要が無いし、撮ってすぐに写真を見ることができ、モバイル端末やパソコンに転送して画像として個人で楽しむことも、ネットワーク上で共有することもできます。

しかしこれは未知の写真体験と言えるでしょうか?既知の写真体験を共有しているに過ぎないのでは無いでしょうか?

もう一方では、依然として写真に全く興味が無いひとびともいます。

学校行事や会社の行事、冠婚葬祭などで以前から写真体験というものはありました。前述した写真体験の普及によって、身の回りのカメラの数は膨大に増えたはずですが、それでも写真を撮られることに興味の無いひとは依然としています。

どちらにも欠けているのは、「これまで知らなかった、意識しなかった、興味の無かったことに出会う、体験する、それを(購入するなどして)手に入れる」という要素ではないかと考えました。

ブログのタイトルにもした「本のあるところに人が来てもらうのではなく、人のいるところへ本を持っていく。」は幅氏の言葉ですが、僕は写真家として、写真のあるとこに人が来てもらうのではなく、人のいるところに写真を持っていく活動をしなければいけないのだな、と思いました。

また、写真に興味が無いひとに、写真を体験する機会を提供することも大事であると思います。今、定期的にグループシューティングの機会を作って、初めて写真を撮られることを体験しに来てもらったり、友だちを連れてきてもらったりして、写真を体験する機会創出を目論んでいます。

現在はまだ写真を撮られることに既にいくらか興味を持っているひとが集まってくれている感じですが、ここから更に回数を重ねながら、色々な世代の、色々な文化圏のひとびとに参加してもらって、写真体験とともに、新しいひとと知り合う機会を生み出していきたいと考えています。
むすびに、幅氏のお話を聞いた記念に、ワコールスタディホール京都の1日無料券を頂戴したので、近いうちにまた行ってみようと思います。ライブラリーにはファッション関係の入手が困難そうな大判の写真集などがセレクトされており、興味深く勉強できると思われます。
ワコールスタディホール京都: http://www.wacoal.jp/studyhall/

有限会社BACH: http://www.bach-inc.com/
Masafumi Nakanishi peosonal works

Group shot: https://masafumi.myportfolio.com/incolor09302016

Blog:パフォーミングアート、神懸かり的な美しさ

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

バンドのライブやダンス、演劇などのパフォーミングアートが持つパワー。人間のプリミティブなエネルギーが発散されるパフォーミングアートの世界を写したいと思っています。

今回撮影したのは、関西を拠点に活動するG∀LMET(ギャルメット)。ちょっとだけ激しいサウンドのガールズバンドです。

この日のライブはオーディション形式で、複数のバンドが動員とオーディエンスの投票数を競うものでした。
出演時間は20分程度。バンドが入れ替わるたびにオーディエンスも入れ替わり、客席の前方はバンドのファンが詰めかけ、すぐに黒山の人だかりになります。
私は3つも前の出演者から客席最前列に陣取って、露出や画角をチェックしました。

短い出演時間の中で、立ち位置を移動できるチャンスはおそらく1度きり。従来からのファンや新しいオーディエンスに向けて、バンドがMCするタイミング(事前に打ち合わせていません)、次の移動先も見定めておきます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

メインのカメラは、動体撮影について絶大な信頼を置いているCanon EOS7 MarkII、レンズは抜群の解像度を誇るEF24-70mm F2.8L II USMです。
サブのカメラはFUJIFILM X100T。これは場合によっては左手でレリーズして、右手のEOS7D MarkIIと同時に撮影することができます。

EOS7D MarkIIのフォーカスエリアは、1点とラージゾーンを選択できるようにしています。フォーカスモードはAI SERVO、AF-Lボタンを親指で押下している間、被写体にピントを合わせ続けてくれます。

EOS7D MarkIIのセンサーサイズはAPS-Cです。ファインダー内のほとんどの領域にフォーカスポイントが分布しており、フォーカスエリアをラージゾーンにして画面の中のどの位置にメインの被写体を置くかを決めてしまえば、メインの被写体が激しく動き回っても、構図を守りながらフォローフォーカスし続けてくれます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

ライブの撮影ではしばしば起こる状況ですが、バンドメンバーの前にマイクスタンド、ドラムセット、オーディエンスが振り上げた腕などがフレームインしてくると、そちらにピントがあってしまいます。
そうゆうときは、親指でフォーカスエリア選択レバーを倒して、フォーカスエリアを1点に切り替えます。このレバーが本当に素晴らしい!

2016年7月現在、EOS7D MarkIIより上位機種に、この機構は搭載されていません。ワンアクションでフォーカスエリアを切り替えられるこの機構、ファインダー内に広く分布したフォーカスポイント、フラッグシップに次ぐ秒間コマ数を誇るシャッター機構が、EOS 7D MarkIIが持つ動体撮影へのアドバンテージです。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

演奏が始まったら、親指でオートフォーカスを作動し続け、レンズを振り回して、最高の構図とタイミングを求めてシャッターを切り続けます。
自分の近くと遠くに同時にシャッターチャンスが訪れたときは、左手の人差し指でX100Tをレリーズします。

一瞬の演奏の隙間を使って、撮影位置を移動します。物怖じしてはいられません。何度もオーディエンスの波にもまれながら、夢中でレリーズし続けます。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

歌や踊りは、古来祈祷のための神聖なものであったと思います。特別な表現力を持ったひとたちは、神を媒体するものとして讃えられ、ひとびとに神的な体験をさせるために歌い、舞ったことでしょう。

パフォーミングアートには神懸かり的な美しさがあります。筋肉の躍動と内的なパワーの発言が、ひとびとの情感にダイレクトに働きかけ、感情を揺さぶり共感覚をもたらします。
この美しいパワーをたくさん撮影したいと思っています。

G∀LMET Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photograph and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


EF24-70mm F2.8L II USM

Blog:ポートレート、極彩色の夜

#Nocturnal_Flowers Model:Mona Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

青白い光と派手なグラフィティ、シャツのグラフィック、呪術的なタトゥーが織りなす異様な世界観の中に、モデルの美しい顔立ちが浮かび上がる、不思議なポートレートを撮りました。

モデルのMonaは、美しく可憐な雰囲気と、危険な雰囲気を同時に持っています。

撮影のポイントは、雑居ビルの古い蛍光管です。
偏った分光特性の照明をさらに変質させて、シャツのグラフィックや壁のグラフィティの色彩を活かしながら、現実離れした雰囲気を作りました。

仕掛けは簡単で、カメラのホワイトバランスを白熱電球に合わせて全体の色温度を下げ、モデルに色温度の高いアンバーのフィルターを付けた照明を当てています。
これによって、モデルの肌は照明の色とカメラのホワイトバランスが調和して、ナチュラルな肌色に近づきますが、背景は色温度が低く、つまり青っぽくなります。

X100Tに搭載されたフィルムシミュレーションのクラシッククロームモードが、彩度を抑えることによって、モデルの肌の色が破綻せず美しい調和を保っています。
シャドウトーンを+して、重たい黒が湿度を含んだじっとりとした空気感を演出しています。

#Nocturnal_Flowers Model:Mona Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photograph and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T

Blog:ナチュラルで透明感のあるポートレート

 

#streetstyle Model:Karin Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Kyoto,Japan.

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

自然の中で、ナチュラルでリラックスした雰囲気のポートレートを撮ろうと思いました。

モデルは、透き通るような白い肌と、端整な顔立ちが魅力的なKarin。

梅雨入り前の暑い日でした。午前中から撮影を始めて、太陽が高い位置にありました。地面からの照り返しもあって、直射日光の下でもそれほど強いコントラストにはなりませんでしたが、白く美しい肌をより柔らかく見せたいと思いました。

ロケーションは、ローカル駅の周辺の町中です。背景にできるだけノイズが少なく、日光をディフューズするために、モデルに木陰に入ってもらい、レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選んで画角を狭くし、背景に写り込む範囲を限定しました。

1枚目の写真では、肌が適正な露出になるよう調整しました。2枚目の写真では更に露出を上げて、透き通る白い肌を強調しています。

背景の緑を強調して若々しい雰囲気を強調するために、ポストプロダクションで緑の輝度と彩度を持ち上げました。

モデルの魅力を活かして、リラックスした雰囲気が写せたと思います。


EF100mm F2.8L Macro IS USM

Blog:ポートレート、喧騒の中の静寂

#streetstyle Model:Ayaka Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan. EF100mmF2.8L Macro IS USM

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

都会の喧騒の中、そのひとの周りにだけ落ち着いた静けさがあるような、シンプルで美しいポートレートを撮りたいと思いました。

モデルは、エキゾチックで洗練された雰囲気を持つAyaka。

この日は巨大な曇り空のソフトボックスが太陽の光をディフューズし、あたり一面に均一な光を当てていました。そうすると、明暗の差によってメインの被写体と背景を分離することが難しくなります。

レンズはEF100mmF2.8L Macro IS USMを選びました。中望遠の焦点距離と、F2.8の開放F値が背景をぼかして目立たなくし、マクロレンズの精細な描写がモデルをしっかり際立たせてくれます。強力な手ブレ補正のサポートもあります。

モデルの肌を充分に明るくするため露出を上げると、同じだけ光が当たっている背景もオーバー気味になってしまいます。ポストプロダクションで彩度とコントラストを少しだけ加えました。

都会の只中でのロケーション撮影でしたが、写真には美しい静けさが写せたと思います。

#streetstyle Model:Ayaka Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan. EF100mmF2.8L Macro IS USM

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


EF100mm F2.8L Macro IS USM

Blog:X100Tの開放F2とF2.8

#portrait Model:Miyu Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Hyogo,Japan. FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

X100Tのビルドインレンズ、FUJINON23mmF2は、とても素晴らしいレンズです。歪みも周辺光量落ちも少なく、絞りの設定によって異なる表情を持っています。

絞り開放F2では、とろけるような甘いトーンです。モデルとの距離を縮めて被写界深度を浅くすると、フォーカス部分の描写も繊細で、アウトフォーカス部分は柔らかく溶けています。

#streetstyle Model:Miyu Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Hyogo,Japan. FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

一段絞ったF2.8では、描写はぐっとシャープになります。フォーカス部分はしっかりとした強い描写になり、アウトフォーカス部分も引き締まってきます。

35mmの焦点距離は少し広角寄りで、クローズアップを撮るときには被写体との距離が短くなり、被写界深度は浅くなります。被写体との距離と絞りの選択で様々な描写を楽しむことができるレンズです。

モデルは端整な顔立ちと豊かな表情が魅力的なMiyu。ストリートスナップで知り合って、撮影を重ねるたびに表現力が増していく逸材です。

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T

Blog:内面の情動を引き出すポートレート

#Nocturnal_Flowers Model:Ayasaki Photo:Masafumi Nakanishi 2016:Osaka,Japan. FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

シリーズ Nocturnal Flowersは、夜撮のポートレートのシリーズです。昼間とは違う表情を見せる都市の中で、モデルの内的な表情を引き出したいと思っています。

モデルは大きな瞳が印象的なAyasaki。作品のコンセプトに合った、陰鬱で危険な感じのする魅力的な表情を出してくれました。

カメラはFUJIFILM X100T、ビルドインレンズの焦点距離は、フルサイズ換算で35mmです。モデルの魅力的な瞳を強く印象付けるために、膝を突き合わすような距離まで寄りました。フィルムシミュレーションはクラシッククロームで、シャドウトーンを+2して黒を重たく落としています。ハロゲン灯による真っ赤な環境光を軽減するために、ホワイトバランスはタングステン光に合わせました。瞳の中にキャッチライトを入れて、顔を明るくするために、アンバーのフィルターを入れたマンフロットの小型LEDライトを用いました。

夜の街では、昼間とは違った表情を写すことができます。人間の内面の情動を引き出すことができる、刺激的な撮影です。

#Nocturnal_Flowers Model:Ayasaki Photo:Masafumi Nakanishi FUJINON23mmF2

A post shared by Masafumi Nakanishi (@masafumi_nakanishi) on

Photo and story by Masafumi Nakanishi
http://www.masafumi.portfoliobox.net/


FUJIFILM X100T